シーリング、サイディング、屋根、セルファイなど壁のスペシャリスト「吉建ウォール」です。


電話番号:072-968-7980

実績紹介
シーリング工事について
シーリング工事とは?
構造体の部材相互間や接合部に防水その他で使用される充填材料のことです。
ビルの外壁や窓枠にはいくつもの継ぎ目があり、この継ぎ目を目地と呼びますが、目地をそのままにしておくとそこから雨漏りが起きやすくなります。
ここに防水性の『シーリング材』を詰め、雨漏りを防ぐのがシーリング工事です。
シーリング工事はただ単に防水という機能を持っていれば良いと言う訳ではなく、温度や湿度の変化による建築物の伸び縮みに柔軟な対応をしなければいけませんし、 建物の外に見えている部分ですので、仕上がりの美しさも重要になってきます。

なぜシーリング工事をするのか?
温度・湿度の変化、風、地震、振動などによって建築部材に伸縮、ずれなどが生じる時、その動きに追従できるのがシーリング材です。
建物は地震やコンクリートの挙動を逃がす為、目地を設置しています。硬い素材では割れてしまう為、挙動性のあるシーリング材を充填します。
しかし、シーリング材はゴムである為、年数の経過と共に硬化したり破断したりします。このような現象を防ぐ為に、定期的な補修を行う事が必要となります。

シーリング工事に要求される役割
1. 建築物の気密性・水密性を保つ。(水漏れ、隙間風などを防ぐ為)
2. 建築物の目地を、温度、湿度、などの影響を受けて伸縮した際の動きに追従させる。
3. 建築物の意匠上の観点から美観を損なわないようなデザイン性。


主な施工例
外壁目地 サッシ廻り 建具廻り